2012年7月7.8日OJ年次ミーティング

報告者:岡田、堀

青森県八戸にて第11回OJ年次ミーティングが開催された。

東日本大震災から1年、昨年の震災復興支援大会に続き、被災地にてOJの年次大会を開催することは復興への軌跡として強く心に残る大会となった。

また、インプラントシステムやスタディーグループの垣根を越えた550名以上の参加者と共に盛大に開催出来た事は、会長である夏堀礼二先生の多大なるお力によるものである。

昨今のインプラント治療におけるトラブルの増加についてマスメディアの取り上げる機会も増えている中、今回のテーマを「Challenging for the future」~温故知新~とし、まず一日目の最初は、2月のミッドウィンターミーテングからの選抜6名による会員発表があった。

会員発表1は、補綴をメインとし吉松繁人、大森有樹、杉元敬弘先生ら、3名の先生方の発表であった。現在インプラント治療に導入されているCAD/CAMなどの新しい技術における補綴物の適合性等の向上は、確認できているが、神経筋機構の配慮や顎関節などの考慮、そして、治療後しばらくたってから発生する生物学的トラブルと機械的トラブルを考慮した。フォースコントロールの重要性について、3名の先生方が、報告され本当の意味での顎機能、残存歯列を保護するための上部構造とは、どういうものであるかを知る。レベルの非常に高い発表であった。

外科をメインとした3名の先生の会員発表2では、まさにアドバンスド サージェリーであり。宇毛玲先生によるチタンメッシュを使用した上顎前歯部多数歯欠損のGBRやCTGはかなりの難易度の高い症例報告をされていた。そして、藤林晃一郎先生は上顎前歯部単独歯欠損における歯槽堤保存術とインプラント埋入の時期、コンピューターガイドシステムの有用性について丁寧に考察されていた。またミッドウィンターミーテングで予選1位通過されたCID理事の中田光太郎先生が「審美修復のためのインプラント周囲乳頭の再建」という演題にて発表され、非常に高い評価と注目を得ていた。

午後からは「天然歯保存チャレンジ」としてペリオでは特別講演の佐藤直志先生、エンドでは岡口守雄先生が発表され、すぐに抜歯してインプラントではなく天然歯を保存してからのオプションとしてのインプラント治療であることを改めて御教授していただいた。

最後に、「骨造あ成へのチャレンジ」としてOJ正会員講演 鍋島弘充先生、成瀬啓一先生らによる難易度の非常に高いGBRの診査診断とオーバービューと長期的な予後について、インプラント治療におけるアドバンスな素晴らしい発表報告であった。

二日目は「日本のインプラント教育におけるスタディーグループの役割」として、<Club22><デンタルコンセプト21><SJCD><5-DJapan><九州グループ><JIADS>の各スタディーグループ代表者により、インプラントの安全性、予知性を重視した治療において発表報告され、インプラント治療の未来について討論され最後まで盛大に大会が運営されていた。

これだけの内容の大会は、講演会5つ分以上の内容であったことは言うまでもなく、技工士セッションや衛生士セッションも沢山の参加者が最後まで聴講していたと聞いている。

最後に、CIDクラブとして少数の参加人数でありながら、あたたかく歓迎していただいた会長である夏堀礼二先生、工藤淳一先生に心から感謝を申し上げたいと思います。

uid000001_20120718192023ea2b3c41.jpg

OJ正会員賞の授与式にて、中田光太郎先生と夏堀礼二先生